向かい風も吹きつつある

BRICsは今後も、世界の大市場として大いに発達してゆくことでしょう。しかしそんなBRICsの各国にも、それぞれ課題となる問題が存在しています。それらが向かい風となっているのが現状で、今後さらなる発展を望むには解決しなければならない大問題となっています。
たとえば中国の高齢化問題、環境破壊問題です。一人っ子政策のあおりを受けた中国の高齢化問題は、日本のそれよりもはるかに深刻です。今後、高齢者の介護、医療問題が確実に浮上してきます。加えて光化学スモッグ、温暖化、砂漠化などの環境破壊も進んでおり、北京に至っては40キロメートルにまで砂漠が接近してきています。黄砂や大気汚染などは隣国である日本はもちろん、アメリカにまで押し寄せており、漁業被害やクラゲの増加など、国際問題となっています。
このように、BRICsは各国単位で大きな問題を抱えている状況ですが、すべての国に共通して言える大問題があります。それが貧富の格差です。大国だけに難しい問題ですが、BRICsの国々が真の先進国となるには、この格差をどうにかしなければならないでしょう。

admdevo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です