次点はインド

現在、世界経済で台風の目となっているのは間違いなく中国でしょう。もともと大国です。人口も国土も大国の名に相応しく、経済や生活水準のみがそれに見合っていない状況でしたが、近年はそれも大国に相応しいものとなってきました。
しかし台風の目は中国だけではありません。中国と同じくBRICsの一国に数えられているインドも、驚愕のスピードで経済発展しています。
インド経済の特徴として挙げられるのは、経済成長の展望が非常に長いことです。インドの人口は、2060年ごろまで増加し続けると言われています。2028年には14億5000万人に達し、中国を抜いて世界一の人口大国となるのです。そして2030年ごろ、中国経済はピークを迎えるといわれていますが、インドはその後も成長を続けるとされています。そしてBRICsの経済規模がG6の1.5倍に達するとされる2050年には、インドは世界一の経済大国となっている、と予測されているのです。
つまり、現在「中国」という巨大台風が通過中ですが、その次はさらに巨大な「インド」という台風がやってくるのです。

admdevo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です